広告媒体の特性を知る!

媒体特性

テレビ

幅広い世代・地域に接触でき、電波に乗れば瞬間的に情報が伝わる。

また、視覚・聴覚に働きかけるため、感情に訴えるアプローチも得意とする。

情報の信頼性も高いため、市場への急速な認知度の拡大やブランドイメージの浸透には大変有効であり、そのスピード感から旬なイメージも与えやすい。

 

デメリットとしては、最もコストがかかる点が挙げられる

新聞

新聞は、毎日作られ発行されるため、掲載までにかかる時間が短い。そのため、タイムリーな内容で訴求できる。

また、情報の信頼性が高く、他の紙媒体と比べると、読者の層が幅広い。

地域によって発行されるため、地域においてセグメンテーション(細分化)して広告を打つことが可能である。記録性がある。

 

デメリットとしては、新聞自身の回読率が低いため、媒体価値が基本的に一日しか持たない点や、発色が悪い点、性別や年齢・職業・家族構成などの属性上での細分化がしにくい点などが挙げられる。

雑誌

雑誌は、各々の強いコンセプトを持つため、読者層に一定の共通項がある。

そのため、属性別・ライフスタイル別の細分化が可能である。

また、回読率も高いため、長期間・複数回にわたって、媒体価値が保たれ訴求が継続される。色の再現性が高い。

 

デメリットとしては、掲載までに時間がかかることや読者が少ないことが挙げられる。

インターネット

インターネットは、低コストで、更に接触する消費者は目的を持っているため、広告の内容への関与度が高いと言える。またCMなどでは時間の制限がないため、より自由度の高い表現が可能である。クリック数や再生数など、厳密な数値化が可能なため、効果測定も容易である。

 

デメリットとしては、情報への信頼性が低い場合もある点である。

媒体別広告費(2014年)

2014年の媒体別広告費の状況は下記と通りとなっており、その中でインターネット広告が伸びている。

インターネット広告は特にスマートフォンや動画広告が伸びており、新しいアドテクノロジーを活用した広告展開も増えている。

----------

テレビ    :1兆9,564億円(前年比102.8%)

インターネット:1兆519億円(前年比112.1%)

新聞     :6,057億円(前年比98.2%)

雑誌     :2,500億円(前年比100.0%)

ラジオ    :1,272億円(前年比102.3%)

----------

 

最新版のデータについては自分で調べよう!調査は広告業界人の初歩技術だよ!