好きなことからアクションを広げる♡

火曜日担当のさわねです(・∀・)

日付まわってしまいましたが、しれっと9日の設定で投稿します。

 

さてぼんやりしたタイトルですが!

私は昔から可愛いポストカードやレターセットが大好きだったんです。

で、文房具コーナーなどを通りかかったら必ずチェックして

「ああ、かわいいなあ・・・・・・」

「ほしいなあ・・・・・・」

といつも胸を焦がしていたのですが、中々買えなかったんです。

「だって、使わないし・・・・・・」

これです。

小心者の私にとって、使わないものにお金をはたくことは罪悪なのです。

 

でも、大学進学のために上京したのをきっかけに、

「使うなら買ってもいいよね?」

と発想を転換し、週1回というペースで祖父母に手紙を書き始めました。

父方、母方両方に、つまり1週間に2通コンスタントに。

それから4年生になった今までずっと続けています。

 

ポストカード・レターセット収集という自分の趣味に、

祖父母孝行という誰も批判できない免罪符を貼ったんです。

そのおかげで心置きなくポストカードやレターセットを買えるようになり、

現在自宅には200枚以上のポストカード、30枚以上のグリーティングカード、

20セット以上のレターセットがあります・・・・・・。

3年間と3ヶ月でつぎ込んだ金額は集計したくないです。

いや、ストックですよ、ストック。使うからいいんです。

 

ともあれ祖父母はとっても喜んで、手紙の内容やデザイン等、毎週楽しみにしていると言ってくれます。

「うちの孫はしょっちゅう手紙をくれるのよ~」

と友だちにも自慢しているそうです・・・・・・(笑)

 

私個人の趣味と、祖父母の喜ぶことをくっつけたのが始まりですが、

おもいがけない副次効果というものもありました。

それは毎週毎週短くとも文章を書いたこと。それから、生活の記録ができたことです。

ものぐさな私は、日記を書くのはからっきしダメで続けられませんが、

自分の趣味と祖父母が喜ぶという2つのインセンティブ(笑)によって手紙は続けられました。

でも毎週毎週、書くネタはそんな無いです。必然的に日記のように淡々とした内容になり、

「今週の月曜日はバイトでした。火曜日は国立新美術館の貴婦人と一角獣展に行きました。水曜日は~」

という風に、自分の大学生活の記録がつけられたことはよかったなと思います。

30歳、40歳になってから読み返すと懐かしさのあまり爆発しそうで楽しみです。

あと、たまに「切手代にしなさい」ってお小遣いももらえますし。

 

自分の趣味から一歩踏み出してアクションを起こすといろんないいことが返ってきた! という体験です。

みなさんも、自分の好きなことと、友人や家族やサークル、それからもっと他のいろんなこととつなげてみたらどうなるだろう?

って、思いをめぐらせてみてください!

小さなことでも続けるとどんどん楽しくなってきますよ(*^^*)♪